夫婦関係を改善するための、10個の方法を解説。

離婚に関する情報サイトです。

離婚問題のカウンセリングを行っています

夫婦の関係を改善する10個の方法

夫婦は家族ですが、他人でもあります。

まったく違った環境で育ち、価値観の違う他人と一つ屋根の下で何十年もともに過ごすとなれば、努力や歩み寄りが不可欠です。 夫婦関係をうまくいかせるためには、自分が我慢をすればいい、と思っていませんか?

それは、間違いです。耐えて、耐えて、耐え抜いても不満が募るだけです。
必要なのは夫婦双方からの努力と歩み寄りであり、あなただけが我慢をする必要はありません。

先述の通り、夫婦は価値観の違う他人です。各々が幸せな人生を歩む権利を持っています。
夫婦関係に問題があるならば、問題から目を背けずに、改善の方法を探りましょう。

今回は、今日からできる夫婦関係を改善するための7つの方法と、どうしても夫婦関係の改善がうまくいかないときに試していただきたい3つの方法、全部で10個をご紹介していきます。


今日からできる夫婦関係を改善する方法

夫婦関係を改善するための7つの方法を簡単にご紹介していきます。


1 パートナーに関係を改善したいと伝える

関係がギクシャクしていたり、喧嘩が絶えなかったりする場合、まずはパートナーに関係を改善したい旨を伝えましょう。 言葉で伝えなければ、どれだけ近い関係であっても、お互いの頭の中のことは分かりません。

思いを伝えるときは、感情的にならずに、冷静に伝える必要があります。 感情的にならないでいることが難しそうな場合には、第三者に同席してもらったり、手紙を書いてあらかじめ感情を整理しておいたりしましょう。


2 二人で問題の原因をよく話し合う

夫婦関係が微妙になっている理由は十人十色です。
原因が不明な場合は、パートナーが何か隠している場合や、ふたりとも原因をはっきり認識していない場合があります。

まずは、原因をよく話し合う必要があります。
ふたりで何が原因なのかを話し合いましょう。

ふたりの話し合いではうまく状況が整理できないという場合は、夫婦関係専門のカウンセラーに助けてもらうのも一案です。


3 問題を解決する提案をする

問題解決方法が思いつく場合は、その解決策を提案してみましょう。
その際、大切なのは、自分の意見を相手に押し付けない、ということです。


4 相手を喜ばせる努力をする

最初、出会えた頃は、運命的な出会いに感謝できていた人でも、一緒に暮らして数年が経つと、お互いの存在が当たり前に思えてきてしまいがちです。いわゆるマンネリというやつです。 そういったときは、「昔は〇〇してくれていたのに」など、新鮮な気持ちだった時期と比較して、うんざりした気分になってしまいがちです。

ですが、相手に期待をしても無駄です。今の関係を変えたいならば、自分から動き出す必要があります。 出会ったころのことを思い出して、パートナーを喜ばせることを何かしてみましょう。
あなたが相手に優しくすることで、相手もあなたに優しくしたいという気持ちが湧き上がってくる可能性が高まります。


5 相手の良いところに目を向け褒める

相手の良いところに目を向けましょう。関係が微妙になってくると、相手の悪いところまで目に入ってきがちです。
そして、ささいな欠点を見つけて、そこだけ見つめてしまいがちです。

ですが、完璧な人間なんていません。悪いところではなく、良いところに目を向けて、素直に褒めましょう。


6 感謝する

お互いの存在に感謝しましょう。そして、相手がしてくれることに感謝しましょう。 ご飯をつくってくれてありがとう。掃除をしてくれてありがとう。家賃を払ってくれてありがとう。子供を生んでくれてありがとう。自分と結婚して、一緒にいてくれてありがとう。

感謝すべきことは無限にあります。


7 ゆっくりと会話する機会を増やす

今日あったことをお互いに聞いたり、辛いことや不満がないか聞きましょう。
ゆっくり会話をする機会がない、という場合は無理やりにでも増やしましょう。

夫婦関係が長くなってくると、お互いのことを知ったつもりになりがちです。
人の気持ちは変わります。今、相手がどういう心境かは、ゆっくり会話する機会がなければ知ることはできないのです。


夫婦関係の改善がどうしてもうまくいかないときに、試してほしい解決法


次に、夫婦関係の改善がどうしてもうまくいかない場合の対策を3つ確認しておきましょう。


1 カウンセラーを頼る

カウンセラーに愚痴を聞いてもらったり、2人で夫婦カウンセリングに通い、夫婦関係の問題を見つけ、改善していく手助けをしてもらったりする、というのも一案です。


2 夫婦関係調整調停を利用する

夫婦で調停、というと離婚調停を連想する方も多いでしょう。
ですが、夫婦関係調整のために利用することも可能です。 この調停では、夫婦が円満でなくなった理由をさぐり、解決する手助けをしてくれます。

詳しく知りたい方は弁護士などの法律の専門家に相談してみましょう。


3 一旦別居して時間を置く

どうしても夫婦関係が改善できない、という場合は一旦別居して距離をとりましょう。

時間を置くことで冷静になって関係改善に動き出すことができるケースもあります。


まとめ

ここまで、夫婦関係の改善方法をご紹介しました。
ご夫婦のうち、少なくともあなたが望んでいらっしゃるのであれば、夫婦関係の改善は非現実的なことではありません。

この記事の内容が、少しでもそのお手伝いをできれば幸いです。


[先頭へ戻る]


著書

浮気男とストーカーをギャフンと言わせる方法。

離婚INFO